2016/06/10

OSHO 禅タロット  道徳性

OSHO 禅タロット 
雲のクイーン 
道徳性

OSHO:
菩提達磨(ボーディダルマ)……は、
道徳家、厳格な人、いわゆる善人たち、空想的社会改良家たちをはるかに超えている。彼は問題を底の底まで理解している。

覚醒があなたのなかで湧き起こらないかぎり、あなたが たの道徳はすべて偽物だ。あなたがたの教養は誰にでも破壊できる薄い層にすぎない。だが、ひとたびあなたの道徳がなにか規律からではなく、あなたの覚醒から出てくるようになった ら、それはまったく別のものだ。そう なったら、あらゆる状況で、あなたは自分の覚醒から応じるようになる。

そして、あなたのすることはすべて良くなる。覚醒には悪いことなどなにひとつできない。それが覚醒の究極の美——。覚醒から出てくるものは、すべ てただ美しく、ただ正しく、どんな努力も訓練も伴っていないということだ。

だから、枝や葉を切るのではなく、根を切るがいい。そ して、根を切るには、ひとつの技法以外に方法はない。油断せずにいるための、醒めてあるための、意識してあるための技法 だ。

解説:
道徳が、生のすべての潤いとエネルギーをこの女性の心の狭い範囲に押しとどめています。
それは流れることができないので、 彼女はまさに「ひからびた古いプルーン」になってしまっています。彼女のマナーはすべてこの上なく礼儀正しく、堅苦しく、厳格です。
あらゆる状況を首に掛けている宝石のような、黒か白かにはっきり見わけようとしがちです。
「雲のクイーン」は、善と悪、罪と徳、容認できることと容認できないこと、道徳と不道徳という固定観念で育てられた私たちみんなの心に潜んでいます。
心が下すこうした判断はすべて、私たちが受けた条件づけによって生み出されているのを思い出すことが大切です。
そして、 私たちのその判断によって——判断を下した相手が、自分たちか、 あるいはほかの人たちかどうかを問わず——私たちは内側にある 美と神々しさを体験できなくなっているのです。
条件づけという 檻を突破し、私たち自身のハートの真実に行き着いて初めて、生をあるがままに見ることができるようになります。

2016/06/08

幸福のアート | OSHO

人を喜ばせること

  他人の期待に応えることをやめるがいい、それはあなたが自殺することになり得る
唯一のやり方だからだ。あなたは誰かの期待に応えるためにここにいるわけで はない、
そして他の誰もあなたの期待に応えるためにここにいるわけではない。決して他人の期待の犠牲になってはいけない、そして誰もあなたの期待の犠牲に してはいけない。

 これが、私が個人性と呼ぶものだ。
あなた自身の個人性を尊重し、他人の個人性を尊重するがいい。決して誰かの生を干渉してはならないし、誰にもあなたの生を干渉させてはならない。そうして初めて、いつかあなたは精神性の中へと成長することができる。

  さもなければ、99パーセントの人びとは、ただ自殺するだけだ。彼らの生全体は、緩慢な自殺以外の何ものでもない。この期待、あの期待に、応え続ける…… ある日は父親の、ある日は母親の、ある日は妻の、夫の期待に応え続け、そして子どもが生まれ――彼らもまた期待する。それから社会、聖職者と政治家。まわ り中の誰もが期待している。そしてかわいそうなあなたがいる、
ただかわいそうな人間が――全世界があなたに、これをやるように、あれをやるようにと期待し ている。そしてあなたは彼らの期待すべてに応えることはできない、なぜならそれらは相反しているからだ。

 あらゆる人の期待に応えようとして、あなたはおかしくなってしまった。そしてあなたは、誰の期待にも応えなかった。誰も幸せではない。あなたは道に迷い、疲れきってしまい、そして誰ひと り幸せではない。自分自身と共にいて幸せでない人びとは、幸せになり得ない。あなたが何をしても、彼らはあなたに不満を感じる方法を見つける。なぜなら彼 らが、幸せでいることができないからだ。

 幸福とは、人が学ばなければならないアートだ。
それは、あなたが何をやるか、やらないかには関係がない。

人を喜ばせる代わりに、幸福のアートを学ぶがいい。

2016/06/07

OSHO トランスフォーメーションタロット

41. 失敗

あなたが独りで、全体からかけ離れてなにかをやろうと企てると、なんであれそれは失敗に終わります。成功は神のなかに、そして神とともにあります。

私は内なる恋人に話しかけて言う
  私たちは  鳥や動物や蟻たちを愛するある種の精神があることを感じ取っている――  おそらくそれは  あなたの母の子宮のなかで  あなたに輝きを与える者と同じなのだろう
  いまではまったく孤児になって歩き回っているあなたは  理にかなっているだろうか?
  あなたが自分に背を向けて  独りで暗闇のなかに入っていこうと  決めたこと――  それがほんとうのところだ
  いまではあなたは他者のなかにもつれ込み  かつては自分が知っていたことを忘れている  だからこそあなたがやるあらゆることのなかに  不気味な失敗が含まれているのだ
 それを自分の生のなかで見守ったことはないだろうか? あなたのやることは失敗しつづけている。それでもあなたは要点を見ない……あなたは、やるべきよ うには自分はそれをやらなかったのだと考える。そこであなたは別の計画を試みて、再び失敗する。そうなるとあなたは、自分の技能が充分ではなかったのだと 考える。そこであなたは技能を学んで、またしても失敗する。それからあなたは、「世界が私に反対している」、あるいは、「私は人びとの嫉妬の犠牲者だ」と 考える。あなたは、なぜ自分は失敗したのかという説明を見い出しつづける。だが、自分の失敗のほんとうの基盤をけっして掘り当てはしない。
 カビールは、失敗とはあなたから神を引くことだと言う。あなたとしてのあなたが失敗の根本的な原因だ。成功は神のなかに、そして神とともにある。宇宙の 精神、タオ――存在全体に充満し、浸透する法――を感じ取るがいい。あなたはそれから生まれ、いつの日かそれに帰ってゆく。
Osho THE REVOLUTION, pp.150, 177-179

2016/06/06

OSHO 禅タロット 愚者 THE FOOL

OSHO ZEN TAROT
大アルカナ 0 / THE FOOL(愚者)

 
愚者とは、
信頼しつづける者のことだ。
愚者とは、
自分のすべての体験を顧みず、
信頼しつづける者のことだ。

あなたがだましても、
その人はあなたを信頼する。
もう一度だましても、
あなたを信頼する。
さらにだましても、
あなたを信頼する。

そうなるとあなたは、
この人は愚かだ、
学ばない、
と言うだろう。

その人の信頼は途方もない。
その信頼はあまりにも純粋だから、
それを堕落させることなど誰にもできない。

タオイストの意味で、
禅の意味で、
愚者であるがいい。

自分のまわりに
知識の壁を築こうとしてはいけない。
どんな体験がやって来ようとも、
それを起こらせ、
そして、
それを落としつづけることだ。

たえず自分の心(マインド) を
きれいにしつづけるがいい。
過去に死につづけるがいい。

そうすれば、あなたは
生まれたばかりのまさに赤ん坊のように、
現在に、今ここにとどまる。

最初のうちは、
それはひじょうにむずかしいだろう。
世間があなたを利用しようとしはじめる……
そうさせておけばいい。
彼らは哀れな人たちだ。
たとえあなたが詐欺にあい、
だまされ、
奪い取られたとしても、
起こるに任せるがいい。

というのも、
ほんとうの意味であなたのものを
あなたから奪い取ることなど
できないからだ。
ほんとうの意味であなたのものを、
あなたから盗むことなど
誰にもできないからだ。

そして、
機会あるごとに、
あなたが自分を堕落させる状況を許さなくなると、
その機会が内側での統合をつくりだす。
あなたの魂(ソウル) は
さらに結晶化するようになる。

Osho
Dang Dang Doko Dang Chapter2

解説:

 瞬間から瞬間へ、しかも一歩ごとに、「愚者」は過去を後にします。彼は手にした白い薔薇(ばら) で象徴される自分の純粋さ、無垢、そして信頼以外のものはなにひとつ携えていません。

 身につけているベストの模様はタロットの4つの要素の色をすべて含み、彼が自分のまわりにあるすべてと調和を保っていることを示しています。「愚者」の直観の働きはそのピークに達しています。

 未知へのこのジャンプをするにあたって、「愚者」はこの瞬間に宇宙の支えを得ています。生という川のなかで冒険が彼を待ち受けています。

 このカードは、まさにいま、自分の直観、ものごとの「正しさ」という自分のフィーリングを信頼することができたら、あなたは間違うことなどありえないことを示しています。あなたの行動は他人の目には「愚か」に映るかもしれません。

 あるいは、もしあなたが自分の行動を合理的な頭(マインド) で分析しようとしたら、あなた自身から見ても「愚か」に見えるかもしれません。

 しかし、「愚者」が占めている「ゼロ」の場所は、数のない数(ナンバーレス・ナンバー) で、懐疑と過去の体験がガイドなのではなく、信頼と無垢がガイドである場所なのです。

Copyright © 2012 Osho International Foundation

OSHOトランスフォーメーションタロット 信頼

OSHOトランスフォーメーションタロット
14. 信頼

深い信頼のなかにあれば、状況はどうあろうとも、信頼のその質があなたの生を変容してくれます。

ミラレパがチベットの彼のマスターのところに行ったとき、彼はあまりにも控えめで、あまりにも純粋で、あまりにも真正だったために、ほかの弟子たちが嫉妬し始めた。彼が後継者になるのは確実だった。そこで彼らは彼を殺そうとした。

 ミラレパはまるで少しも人を疑わなかった。ある日、ほかの弟子たちが彼に言った。「もしお前がほんとうにマスターを信じていたら、崖から飛び降りることができるだろう? もしそこに信頼があったら、それはなんでもないことだ! けがをすることはないさ」

 そこで、ミラレパは一瞬の間もためらわずに跳んだ。弟子たちは駆け降りた……それはおよそ三千フィートの深さはある谷だった。彼らは散乱した骨を見つけるために降りて行った。だが、彼はそこに蓮華座で、途方もなく幸せに坐っていた。

 彼は目を開けて言った。「あなた方は正しい―――信頼は命を救う」

 彼らはこれはなにかの偶然の一致にちがいないと思った。そこである日、家が火事で燃えているときに、彼に言った。「もしお前がマスターを愛し、信頼して いたら、火のなかにだって入れるさ」。彼はなかで取り残されていた女性と子どもを救うために飛び込んだ。火はとてつもなくすさまじかったので、彼らは彼が 死ぬものと期待していた。だが、彼はまったく焼けていなかった。しかも彼は、その信頼ゆえに、さらに輝きを増した。

 ある日、彼らは旅をしていて、川を渡ることになった。そこで彼らはミラレパに言った。「お前は船に乗る必要はない。お前には非常に大きな信頼があるんだ―――お前は水の上を歩けるさ」そして、彼は歩いた。

 マスターが彼を見たのはそれが初めてだった。彼は言った。「お前はなにをやっている? ありえないことだ」

 ところがミラレパは言った。「マスター、私はあなたの力でこれをやっているのです」
 さあ、マスターは考えた。「もし私の名前と力で、無学な、愚かな男にこれをやらせることができたのなら……自分でためしてみたことは一度もなかったな」。そこで彼はためしてみた。彼は溺れた。それ以来彼の消息はまったく聞かれなかった。

 光明を得ていないマスターですら、もしあなたが深い信頼のなかにいたら、あなたの生に革命をもたらすことができる。そして、その逆もまた真実だ。光明を得たマスターですら、どんな役にも立たないかもしれない。それは完全にあなた次第だ。
Osho THE BELOVED, Vol.1, pp126-127